ホーム>採用情報>新卒採用>社員インタビュー

社員インタビュー

経営企画本部 経営企画室
課長 M.I

2003年4月入社。現在は本社で広報IR、経営企画業務を担当。

■担当業務と1日のスケジュールを教えてください。

投資家向け広報(Invetor Relations)担当として投資家とのコミュニケーションを行っている他、経営決定をアシストする業務も行っています。前者では、投資家向けのイベント企画、個別対応など直接コンタクトさせていただく他に、三栄を広く知っていただけるよう、ニュースリリースの発行、ホームページの管理等、会社情報の発信を後輩とともに担っています。後者の経営アシスト業務では、経営会議事務局の他、経営決定の際に必要な情報を集めたり、分析提案する仕事を行っています。

 8:15 新聞媒体確認
 9:00 始業、株価確認、メール確認
 9:30~取締役会提案資料作成のための情報収集、分析作業
11:00~取材(投資家向け情報配信会社と)
13:00~取材レビュー作成
13:30~ニュースリリース内容確認
14:00~打合せ(コーポレートガバナンス関係)
15:00~問い合わせ対応(海外からのメールでの問い合わせ)
16:00~打合せ(取締役会提案の方向性)
16:30~取締役会提案資料作成
18:00 帰宅

■三栄の魅力を教えてください。

社長との距離が近いこと
業務上、社長や経営陣とコミュニケーションする機会は割と多い方だと思いますが、そうでなくても、社長をはじめ経営陣との距離が近いのが当社の1つの魅力です。社長は従業員一人一人の名前と担当業務を覚えてくださっていて、エレベータでばったりお会いした時にも気軽に話しかけていただけるほど、「(社員の)顔が見える」、つまり少数精鋭で事業に取り組んでいます。フレンドリーな雰囲気ももちろんありますが、よりお伝えしたいのは、民主主義的な考え方が色濃い会社だなと感じていて、自発的な考えを共有出来たり、相手の意見を尊重する雰囲気がある事も三栄の魅力の1つだと思います。

■仕事のやりがいを教えてください。

IR担当となり暫くが経ちますが、現在では、投資家とのコミュニケーションはほとんど任せられており、社内からこの分野で信頼されていると感じることが出来ています。また、経営決定のアシストをする仕事(分析、企画、提案業務)が増えており、自身の業務範囲がもっと広がるよう上司が確りとサポートしてくれるため、頑張りがいが非常にあります。

■最近熱中している事はありますか?

経営に対する興味から、ビジネススクールに通っています。平日夜間または週末に授業があったり、宿題をこなすのに時間がかかり勉強はかなり大変なのですが、学習したことを着実に今の仕事で活かせることができるようになってきているので、仕事にも、勉強にも非常にやりがいを感じています。子供もいますが、楽しそう?に勉強している姿を見せているので、家族も応援してくれています。

■将来海外で活躍したい就活生へメッセージ!

なぜ海外で働きたいのか、将来どういう風になっていたいのか、少しずつでも考えていかれることをお勧めしたいです。英語や中国語が出来ることは武器になります。が、ビジネスの根本は思考力で、日本でも海外でも、自分で考える力が試されます。きっとフットワークが軽いあなたなので、いろんな視点からいろんなことを吸収し、既に自分で考えておられることと思います。この力をさらに磨いていくことで、自分がやりたい方向性がきっと見つかり、会社だけではなくて、社会にも貢献できる人材になれると思います!(私の目標でもあります)

ページトップへ戻る